好きなこと、得意なことだけやればいい

これまでの歩み

こんにちは!ゆきです。
勉強になかなか身が入らなかった娘・こゆきですが、昨日のブログに書いた「ひろゆきさん流・やる気の出し方」がピンときたようです。見違えるように表情が明るくなりました。よかった~💖

今日は気分転換に、少し離れた場所にある回転寿司に行ってきました。私もこゆきも、少しでも運動不足解消になればと早歩きです。
ごはんを食べて、帰り道はますます元気に。早歩きどころか小走りで徒歩30分の道のりを帰ってきたのですが…

…案の定、やっちまいました…。ケガしました。
これは筋肉痛どころじゃない。軽い肉離れです。太ももとふくらはぎが、熱持っちゃってます。
情けないですね。全治1週間くらいかしら…。。

今となってはこんなに落ちぶれた私ですが、中学高校と5年間バレーボールに勤しんだ体育会系なんです(高校3年の春に引退)。
元々は「超」がつくほど運動がニガテで、それなのになんの気の迷いか体育会系ど真ん中のバレーボール部に入ってしまいまして。当時は太ももが筋肉でパンパンでしたよ。だけど、どんなに頑張っても元がニブイから万年補欠でね。本当に、本当につらかった。

今だから言えるけど、私、中学高校の部活に関する記憶がほとんど無いんです。
平日は5時に起きて朝練、昼練、部活、夜練。土曜も部活。たまに日曜は試合。
あんなにもたくさんの時間を白球を追いかけて過ごしたというのに。

はい。です。病んでますよね。
人は辛いことがあると記憶にフタをするって言いますが、まさにそういうことなんだと思います。

そこまで辛くても、辞めるという選択肢は無かった。あれだけどっぷり部活に漬かってると友人関係もすべて部活オンリーになりますから、一人になるのが怖かったんだと思います。今思えばさっさと辞めちゃえばよかったんだけどね。

この経験から、私は声を大にして言いたい。
「ニガテなことに敢えて手を出すのは、やめましょう」

人間は好きなこと、得意なことだけやっていればいいんです。

5年間の部活で、確かに私には体力がついたと思います。根性も、まあそれなりに。
でも、好きなことを伸び伸びとやれた5年間には、ぜったいに敵わないと思うの。

このことを、こゆきにはずっと伝えてきました。まだ何もわかってない小さな頃から。
そんな彼女が選んだ部活は演劇部です。彼女の青春がどんな風に花開いていくのか、それを近くで見守れることが本当に楽しみです💖

ちなみに…抑圧された中高時代の反動で、今日に至るまで、あらゆることを好き勝手にやってきました。嫌だと思ったらすぐ辞めるしね。仕事も、結婚も。
思春期にガマンしすぎたことの弊害ね!!笑

タイトルとURLをコピーしました