出会い系サイトに登録

これまでの歩み

再婚希望者専門サイトでの出会いに辟易した私は、帰宅するや否や、複数のサイトへのプロフィール登録をあっという間に済ませました。

タップル
PCMAX
ハッピーメール
ワクワクメール
YYC

手慣れたものです。なぜなら私はその頃、個人で結婚相談所を営んでおりまして。
つまり、会員さんたちに「出会い」のノウハウをお伝えする側の人間だったんです。
そんな私がモタモタしているわけにはいかないですからね! という謎の使命感。

ちなみに、私のプロフィールときたら…

写真: 横顔斜め45度。目元はお花で隠す🌸
名前: もちろん偽名
年齢: サバ読み
(注)
職業: OL

子供: 空欄
注)いまは年齢詐称できないサイトも多いみたい?

自己紹介文は優しくおっとりした感じの女性を演出しました💖

すずらんのように可憐な女をイメージ? 実はすずらんって毒があるんだけどねー☺

登録するや否や、来るわ来るわ…男性からのメッセージが、続々と。
ふふっ。このときばかりは、自分の手腕が確かだと確信せざるを得ませんでしたね❤️

わかってはいましたけど、出会い系サイトに登録して改めて実感させられたこと、それは

世の既婚者は、こんなに出会いを求めているのね!!ってこと。

結婚してるかどうか、を記入するための欄が空白の人がすごく多いし、既婚です って堂々と書きながら「お互いの立場を理解しながら長くお付き合いできる方を探しています」
なーんてシレ~っと開き直ってる人のなんと多いことか!!

まったく、世の中どうなってるのよ(# ゚Д゚)

注) 自分はプロフィールに偽りありまくりのくせに、完全に棚にあげてます……

いや、私もかつて結婚してましたからね。気持ちはわからんでもないけど、今はこういう人たちを敢えて相手にする必要はないのです。とうに離婚して身綺麗✨ですから。
不埒な人たちはほとんどスルーです。

ですが… いたのです。住んでる場所がかなりご近所な、良い感じの既婚者が…。

受け答えがいちいちジェントルなのよね。がっついてないところがまた良い。独り身の寂しい心に刺さるの。。

…これは…スルーし難い…。

やれやれ。素敵な人じゃのう。お食事だけならいいかな…?
(´ε`;)💖

その人、Tさんとのデートの約束が整ったのは、それから間もなくのことでした。

(つづく)

タイトルとURLをコピーしました