トレンチ紳士Tさんとの出会い

これまでの歩み

出会い系サイトで出会い、毎日メッセージのやりとりを続けてきたTさん。

どちらかというと「俺は」「俺って」俺アピール強めな皆様の中にあって、彼は異質な輝きを放っていました。
聞き上手なんです。それは、実際に会う前からわかりました。

Tさんのメッセージより抜粋✨:

― 大変だったね。でも大丈夫。サエコちゃんの頑張りを見てくれてる人がいるよ

サエコって誰だよ、って? あ~はい。私です。私の出会い活動用の偽名です。偽名ってのは聞こえが悪いですね。マッチングネーム✨とでも呼んでくださいませ。

― すごいんだね。そんなことも出来ちゃうんだね
 へぇ…そういうことがあるんだね。サエコちゃんの話は面白いね! 勉強になるなあ

私をほめて、持ち上げてくれる。感心してくれる。いい気分にさせてくれる。
この人、きっとヨシヨシしてくれる人だろうな。そんな雰囲気があるのです。

甘えさせてほしいの💓だって疲れてるから

はーい! 皆さん気になりますよね?
彼のプロフィールを見てみましょう。

年齢は私の実年齢の、2歳上。
注)私は年齢サバ読み女だったため、Tさんはもっと年下だと思っています

写真は、私好みのちょっとくたびれた感じのイケメン。白いTシャツがよくお似合いで。

趣味は読書。最近読むのはビジネス書ばかりだそうです。
それとテニス、ゴルフ。

コンサルティング会社にお勤め。

そして「既婚」「子供:あり」の表記。

バカヤロ~なんで結婚してんだよ! このっ、ナイスパパめ!!
(PTAとかやってそう…ぐすん💦)

そんな彼と、最初のメッセージをやりとりしてから2週間たった今日。
ついに、初めてのデートです。

都心からは少し離れたターミナル駅。
みどりの窓口の前に11時30分待ち合わせ。Tさんは約束の時間よりも早くついていました。

季節は秋でした。
冷たくなってきた風にトレンチコートがこれまた似合うこと。…渋いわぁ…。

「お待たせしました! サエコです」
「サエコちゃん、初めまして。会えてよかった。俺のことすぐわかった?」
「はい! 写真通りだったから、すぐわかりましたよ」

そこまで答えてハッとした。私は風呂の中で撮ったの?ってくらいにボヤかして、しかも目元をお花🌸のスタンプで隠しまくった写真をサイトに載せていたのだった。

やば。ガッカリさせてないかしら…。

Tさんはそんな私の思いを察したのか

「実物のほうが可愛いな」

そう言って、白い歯を見せて笑うではありませんか。

お客さん!!! こんなの反則だと思いません!?
こういう既婚者が一人、恋人探しの市場に紛れ込むことで、妙齢の女子10人くらいがまっとうな道から足を踏み外していると思いませんか?!?

(つづく)

タイトルとURLをコピーしました