はじめまして(2)

ごあいさつ

交換日記をやってみない?って我が娘に提案してみたことは今までにも何度かありました。

最初に提案したのは幼稚園の頃だったかな。確か数日はラリーが続いたように記憶してます。でも頓挫した。そもそもうちの子、字を書くのがあんまり好きじゃなかったしね。これは早すぎたなと思っていったんは撤退。

小学校に上がると母子ともにバタバタして(そりゃそうですね。このころ離婚というイベントも通過してます)、次に提案したのは4年生くらいのときかな。
既に中学受験に向け塾通いが始まっており「そんなヒマない」と秒殺。…だよね。じゃあ、受験が終わったらね…と交換日記用に購入したノートを引っ込め哀しく微笑む私。

そんな彼女も無事に受験を終えてこの春から中学生。
満を持して…と、またも提案すると
「いやだ。三日坊主になるのが目に見えてるもん」

おぉ…。却下の仕方もじ・つ・に堂々としたものです。たいしたもんだ。
わが子の成長を喜びながらも、私の胸に温めたこの想い、この夢、いったいどこに持っていけば良いものか…。

おっ!そうだ。ブログを書けばいいじゃん。一方的な交換日記。交換されない交換日記。
え。。それってそもそもただの「日記」なんじゃ。まあいいや。

「今はまだ読まなくていいよ。きっと今読んでもわからないようなことも書いちゃうからさっ。返事は大人になったらまとめてお願いね」

ってことで。これまさにナイスアイデアなんじゃない?

「やだ。どんだけ大量に返事書かなきゃいけなくなると思ってんの」

いやいや、一つ一つの記事に返事書けとは言ってませんて。言葉のアヤというものでしょうよあーた…。
お返事はぜーんぶまとめてA4用紙3枚くらいでいいよ。そう伝えたら、最近になってA4とかB5ってサイズを覚えた娘はしぶしぶ「いいよ」って頷きましたとさ。

というわけで、交換されない交換日記、はじまりはじまり~。
三日坊主にならないように頑張るぞ!🤣

タイトルとURLをコピーしました